スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

社内で引っ越しをします

 2009-03-31
今週土曜日、社長室の引っ越しをする事にしました。

今まで社長室は、
「サティアン」(笑)・・とも呼ばれた事のある奥の建屋の2階でしたが、
今週土曜日に元の建屋の元の部屋へ戻るのです。


理由は日中、日があたらずに寒いから・・
その分、暖房費もかさんでECOじゃないから・・
・・などなどです。

社員の皆さんには、またまたご苦労をお掛けする事になりますが、
どうか社長の「わがまま」に協力してくださいね。

宜しくお願いします。

スポンサーサイト

「乗る車」も、「修理工場」も選ぶ時には注意です

 2009-03-30
「こんな動画を見つけた」と、知り合いが教えてくれました。

ココをクリックをクリックしてみてください。
画面が変わって、You Tuve の動画が流れます。

「乗る車」も、「修理する工場」も
きちんと選んで戴かないと、本当に怖いという事ですね。

フレームやピラー等、骨格部分の修理方法や、
溶接機の選定や設定を間違えると、
この様になってしまうかも知れません。

 ****************************************
 <車の板金塗装・修理・設備・材料・教育・改善等、何でも・・>
 株式会社ケンテックス
 代表取締役 菊地 健三
 〒224-0043 神奈川県 横浜市 都筑区 折本町 354
 TEL: 045-474-0805 FAX: 045-474-0824

やはり問題意識をお持ちなんですね

 2009-03-24
先日の話ですが、弊社のお客様がお見えになったので、
弊社の営業担当者が以前からお勧めしている
スポット溶接機の説明をしました。

超高張力鋼板対応スポット溶接機

当社で主に扱っているのは、株式会社ヤシマ製で
もちろん今の車のボディーに採用されている「超高張力鋼板」対応の
スポット溶接機です。

お客様は、溶接部分(ナゲットと言いますが)の仕上がりや、
モーメントを掛けた時の強度などに大変驚かれ、
「そろそろ真剣に考えなければ」とお考えのようでした。

やはり、今の車の事故車修理について、
相当な問題意識をお持ちだということ、あらためて感じました。

 ****************************************
車の板金塗装・修理・設備・材料・教育・改善等、何でも・・
 株式会社ケンテックス
 代表取締役 菊地 健三
 〒224-0043 神奈川県横浜市都筑区折本町354
 TEL: 045-474-0805 FAX: 045-474-0824




自動車用、水性塗装研修会の詳細です

 2009-03-23
昨日行った、水性塗装研修会の詳細を載せます。

まず、午前中は「学科」にて、
主に「改正大気汚染防止法(VOC:揮発性有機化合物規制)」と
水性塗料の必要性や特徴について学びました。

学科の講師は、BASFコーティングスジャパン㈱自動車塗料本部の
石井氏が担当しました。

DSC_1164.jpg


同社製品、ブランド名「RM」の水性塗料「オニキス」は、

 1.塗料自体が凍らないから、塗料の在庫の温度管理が楽。
   (暖房要らずで省エネ)
 2.他の塗料よりも保存期間年数長いから、棄てる塗料が少ない。
   (他1~2年のところ、RMオニキスは5年)


など、すぐれた特徴があります。

たとえば・・

 (続きは下のやじるし「・・続きを読む」をクリックして下さいね)

自動車用、水性塗装研修会の詳細です の続きを読む

自動車用、水性塗装の研修会を行いました

 2009-03-22
本日は、弊社で水性塗装の研修会を行いました。

   水性塗料で修理する為の塗装研修

車の板金塗装や修理を行っている業界の方なら、
「自動車修理用の水性塗装について良くご存じの事と思いますが、

修理工場へ修理を依頼されるお客様にも
「自動車塗装の現状」をお知らせしたいと思います。


「光化学スモッグ」という言葉を聞いた事がありますよね。

 (続きは下のやじるし「・・続きを読む」をクリックして下さいね)

自動車用、水性塗装の研修会を行いました の続きを読む

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。