FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

損保をお招きしての研修会のススメ

 2011-09-05
先日、損害保険会社をとあるBP工場へお招きして新技術の研修会を行ってきました。

損保さんと研修中

研修会内容

1、 現在損害保険会社が求めていることは何かをお話しさせていただきます。

  *ロス改善        新品部品をできるだけ必要以外、交換しません。
                できるだけ修理か、リサイクルパーツを活用して損保さんに
                協力します。

  *環境修理       バンパー、ヘッドライト等は交換せずに修理します。
バンパー修理中

 
  *納期の短縮      受注管理版、作業工程管理版の活用により短期間で
                 お約束の納期を守ります。

  *報告の徹底       事故車の引取り時、納期確定時、完成時、納車時
                 そして、毎朝進捗状況の画像で報告の徹底を約束
そのためにアドレスを聞く。
  
  *自社の取り組み    車両引取り時の問診書の徹底
                 ロス改善と修理金額の軽減の提案
                 納期の確約と毎朝、進捗報告 写真で送信する。
                 お客様より信頼が得られる工場として納車時に修理説明と
                 永久保証書の発行
  
  *損保社内の取組   修理金額でなく環境修理を社内で提案していることを
                 改めてご説明をして、その修理金額にご協力をお願い。 
                 損保社内のマル秘事項を暴露して協力を願う。

  *いつでも研修に協力することを、あいさつでお話しして研修に入ります。

2、実技研修の内容    *修正技法 中ダメージ程度の修正
修正作業中

                *バンパーの亀裂の修理
バンパー修理中

                *パネルテンショナーでパネルの修理
パネル修理中


3、研修後の昼食     社長、リーダー、フロントマン、現場のリーダーと
               昼食をしながらコミュユケーション

4、アンケートの記入   今後の研修の希望を書き入れていただきました。

注意 アジャスターはお呼びしておりません。

損保の女性のスタッフが駆けずり回り、写真撮影に熱中していました。
損保女性スタッフも興味津々

結果、200%の入庫を確保しております。

この研修により、このBP工場ではとても良い結果が出ております。
損保様側に理解が出てきてお客様との問題をカバーしていただけるためトラブルが減りました。
P1050273.jpg

信頼関係が出来てきて指名されることも出てきました。

当社ではこのような損害保険会社へのアプローチとしての研修会も開催しております。
損害保険会社との関係をもっと良好にし、入庫の促進やトラブルの減少に取り組みたいお客様には有効な研修です。
『我が社でもこんな研修を行ってみたい』とお考えのお客様は是非1度お問い合わせください。

問い合わせ先:
株式会社ケンテックス
TEL:045-474-0805
スポンサーサイト

新入社員研修今年度2回目の実技研修

 2010-05-21
平成22年5月20日 株式会社ケンテックスに於いて2回目の実技(実車)研修を行いました。

朝10時にテクニカルセンター横浜にお集まりいただき、午後4時までの予定でしたが、2時間延長し、午後6時で終了致しました。

新入社員研修今年度2回目の実技研修 の続きを読む

1/21~23 パネル修正技術者教育を海外にて実施してきました。

 2010-01-26
20100126105523s[1]
詳しくは後日!
写真とレポートが出来次第、報告いたします。

アルミパネルの修正技術のご案内

 2010-01-18
昨年の10月より新燃費基準が施行され、自動車メーカーは2015年までに1リットル/平均16.8㎞走る車を造らなくてはならなくなりました。
そのため、車両の軽量化の為に車体の全体か、またはパネル部分をアルミ化にしています。

既に多くの車両にアルミパネルが使用されていますが、修正できずに交換、又は高額な修理金額で全損となっております。

是非ともアルミパネルの修正技術を覚えて頂き、環境に優しい工場経営を目指して下さい。
出張で教育研修をお受けいたします。


写真はトランクフロアとリヤサイドメンバーの損傷を焼きなまし後→修正→焼き入れ→清掃→防錆サフェーサー→パテ仕上げ を行なったところです。

焼きなまし温度と焼き入れ方法、ひび割れの防止方法、エアーツールの条件、クリーンな作業場の条件、誘爆するアルミ粉塵の管理の仕方、等々、かなり多くの注意事項があります。DSCN2446.jpg

DSCN2454.jpg

今年 初めての技術研修を1月14日~15日の二日間。

 2010-01-17
12日~13日北九州は雪で、14日~15日沖縄は昼間の気温20度以上でした。
今年初めての技術研修を沖縄の上原自動車整備で行いました。
①近未来の自動車電気通信をDVDで。
②技術者一人ひとり仕事に対しての1日と翌日午前中のチャレンジボードの活用と目標設定と自己の成長と満足。
③仕事の段取りと作業の時間短縮にて地球環境とロス改善の技術研修を行いました。「パネルテンショナーとUVサフェーサー、アルミパネルを使用して板金修正技術」
この研修の中から、今後の研修と、現在の工賃売上25%アップの目標に向かいます。

20100117123221.jpg

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。